ブログネタ
三陸沖の地震、大丈夫でしたか? に参加中!
東北地方太平洋沖地震・災害に関する情報

きのう(2011.3月11日14時過ぎ)から
東日本の巨大地震で大変な事態になっています。
地震は南下しているようです。

ご無事でしょうか?
みなさんのご無事をお祈りします!
建物や交通機関などの早急な復旧も願います。
こちらで災害情報や避難場所や伝言方法や
交通機関の運転情報もわかります。
地震・津波災害に関する情報
*まとめサイトになっていて便利です。

なお、ツィッターやスカイプだと
繋がるので、活用してみてください。

こちらはツィッター経由で安否がわかる仕組みです。
都道府県別の災害救援情報サイト

こちらは、グーグルです。
安否を確認するグーグルのサイト

3.22追記:こちらのサイトもわかりやすいです。
全国の被災者受付施設


災害時に必要になるのは、やはり水や
懐中電灯や防寒グッズや保存食ですね。

お風呂にお水をためれたら
ためておいたほうがいいです。

お米も炊けるときに炊いておくと
後から、便利です。

停電したら、ブレーカーを落とすと
2次災害が防げるそうです。
他には、原発の近くの方は、乾燥コンブも食べて
おいたほうが良いそうです。詳しくはこちら
川島さんの記事をどうぞ
【緊急】福島第一原発の周辺100キロの人
私も、乾燥コンブを常備しようと思います。

他にも、原発の近くの方は、被爆しないために注意事項があります。
川島和正さんのブログ記事の
福島!茨城!宮城!の人は必見「放射能から身を守る方法」
この記事からコピペして抜粋します。
ここから↓

★ 放射能から身を守る方法

1 呼吸の仕方が分かれ道

外部被ばくに比べて、内部被ばくが圧倒的に危険です。
そのため、放射能を吸い込まないように
高性能フィルター防塵マスクをつけてください。

汚染された水や食べ物を食べないように気を付けてください。

傷口からも放射能が入るので
バンドエードやテープで防いでください。

ゴーグルやレインコートがあれば
目や肌も覆ってください。

2 家には1週間閉じこもるように

まず水が一番大切です
家じゅうの容器に水をくんでおいてください
ペットボトルの水も大量に用意すべきです

次に、米、麺類です
これらはかさばらず日持ちします

3 閉じこもる時の注意点

とにかく外気が入るのを防ぐようにしてください

換気扇は消しても隙間があいているので
シートとテープでしっかり隙間を防ぐべきです

窓のサッシの隙間もテープとシートでふせいでください

4 雨が降ったら絶対にふれてはいけません

放射能を含む雨はもっとも危険です
事件後、少なくとも10日間は雨にふれてはいけません

5 1日30〜40グラムとろろ昆布か乾燥コンブをたべてください

放射性ヨウ素を体内に取り込んでしまうと
ガンを引き起こします

そのため、先にとろろ昆布か乾燥コンブに含まれる
ヨウ素で体を満たすことによって、
放射性ヨウ素を取り込むことを防ぐことができます

*もちろん、被曝を防ぐためにはヨウ化カリウム(ヨウ素)を
摂取するのが一番、効果があります。
手元にない場合に、コンブを摂取が危険もなく大丈夫なのです。

*間違ってイソジンを飲むといいウソが書いてある場合がありますが
胃腸障害を起こすので飲まないでください。

*ヨウ素(ヨウ化カリウム)を作っている医薬品メーカーは、
すでに25万人分のヨウ素の出荷を終えていて
ここだけであと80万人分の在庫があるそうですから
在庫がなくなることはないと思います。さらに
緊急増産体制に入ったと発表されています。
需要が多い可能性が高いのでしょうね・・・

では、一刻も早く準備してください
1人でも多くの方の命が助かることを祈ります。

この案内はコピペして広めていただいても構いません。

〜〜〜
以上、抜粋、*加筆しています。

なお、物資よりお金のほうが支援になるそうです。
募金もいろんなところで可能ですが
私は、こちらで、募金しました。ネット上で簡単にできます。
ヤフーIDが必要です。
ヤフーのインターネット募金
ヤフーの壁紙がもらえました。

しかし、災害時にもネットって強いですね。
改めて、感じました。

原発災害に役立つサイトは、いろいろありますが
こちらが、一番読みやすくわかりやすかったです。
武田邦彦さんの原発災害情報

3.20追記:木坂さんが、メルマガで詳しい地震に伴う
原発情報(首都圏メイン)を書いてくださっていましたが
その5回分をPDFにまとめてくださっています。

ブログやメルマガで自由にリンクしてよいそうですから、
必要な方は、こちらからどうぞ、ごらんください。
木坂さんの地震と原発災害についてのデータと考え
詳しいデータと見解が書かれていてわかりやすいです。


地震が想像以上で心が痛みます。
仙台は、以前滞在したこともあって
懐かしい街です。優しい人々を思い出しています。

ニュースを見るたびに、涙がでてきます。
亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。
そして、被災された皆様、そのご家族の方々に対しまして、
心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い回復、復旧、復興をお祈りし続けます。








Copyright (C) 2006-2011 Satomi Kita, All rights reserved.

◆お知らせ
このブログ記事の情報は少し古くなっています。
今は新しいWPブログにお引越ししています。
こちらです→スローライフアフィリエイトで愛でいっぱいのお金持ちになる方法
最新情報を発信しています。